« スーラーおじや♪ | トップページ | 京都は歩く、歩く♪ »

2006年10月13日 (金)

そうだ 京都 行こう♪

本日のはじめのいっぽはCMでもおなじみの「そうだ 京都 行こう」ということで、友人と京都一泊二日の旅に行ってまいりましたぁ♪

実をいいますと、私京都は高校の修学旅行以来、友人も?十年ぶりということで、ほとんどはじめての京都めぐりという2人。

さっそく新幹線に乗り込み、話に花が咲き、あやうく通りすぎてしまいそうになりつつも、お昼に京都駅に到着~♪まずはタクシーで祇園に向かい、今夜宿泊の宿に荷物を預け、お楽しみのランチを食べにGO☆

Photo_83Photo_85 風情のある町並みや、この先に舞妓さんの踊りの稽古場があるらしく、まだ素顔のままの着物を着たとってもきれいな舞妓さんと すれ違ったり、なんだかとっても不思議で素敵なところ。ちょっと角を曲がってすぐのところに本に載っていた「豆寅」さんがあります。引き戸をあけると、「おいでやす」と笑顔で迎えてくれた店員さんが案内してくれた席は小さな庭に面したカウンターの席でした。まるでそこに絵が飾ってあるような、心がなごむ空間って感じかな。 

Photo_87

Photo_86Photo_88

まず最初に出てきたのは、おひたし、なんの葉かは忘れてしまいましたが、冷たくてちょっと癖のある感じだけどとっても美味しい。次にでてきたのは、白身の魚のお刺身を砕いた氷の上にお刺身をのせて、もみじの葉を一枚。センスのいい盛り付け、お刺身もこりこりしてこちらもとっても美味しい。お次はこちらも京野菜だと思うのですが、みかけは長いも、味は里芋をだし醤油につけて、何か粉をまぶして揚げている。緑の野菜もししとうよりもややうす味で、細長いこちらもす揚げしてあり、抹茶と混ぜた塩をつけていただく。これがまたとっても美味しい。Photo_90

もうお腹いっぱいになりそうと思ったところで、出てきたのは「待ってましたぁ~」 桐の箱が目の前に・・・ふたを開けると、おもわず口からでたのが「わぁ~素敵~♪」しばしあまりの美しさに見とれてしまいました。一口サイズの15種類の豆寿司はほんとに食べるのがもっていないぐらい、美しく、とってもおいしゅうございましたぁ~☆しか~しこれだけでは終わらない。最後にデザートまで・・・抹茶のお団子なんですが、中身はごまの入ったこしあんの周りをくず粉でおおって、抹茶をまぶしたお団子、こちらも絶品。こちらのお値段しめて、3800円也~♪お寿司だけだと思って入ったので、こんなに出てくるなんて感動!!!

Photo_91 お腹もいっぱいになって、ようやく観光ということで、まずはここははずせない「清水寺」へ。八坂神社を通り、丸山公園を抜けて、二年坂、三年坂と途中のたくさんのお店に寄り道をしながらようやく清水寺に到着~♪天気もいいし、平日ということと紅葉にはちと早いので、人もまばらでゆっくり堪能できましたぁ。そうだ写真を撮らなければ・・・そうそう、この角度で写真をとりたかったのです。景色もすばらしい。満足、満足~☆あとは来た道を戻りながら、またまたお店をのぞきながら、宿についたころはすっかり日が暮れていたぁ。

Photo_92 夜の祇園を散策するため、夕飯はすぐに用意してもらいました。びっくりするぐらいの量の多さと京懐石の盛り付けの美しさにまたまた感動!!!

ひとつひとつの切りかたも実に繊細で、ほんとに食べるのがもったいないぐらい。味もこれまた繊細という言葉がピッタリ!

昼のランチ同様本当においしゅうございました。

Photo_96Photo_97 食事のあとは、夜の祇園の散策スタート!川沿いに並ぶ建物や風にゆれる柳の木、石畳の小道、どこからか聞こえてくる三味線の音色、時々すれ違う舞妓さんやら、どこかに迷い込んだような異空間って感じがした。とっても楽しい祇園めぐりができましたぁ♪

さぁ、明日は嵐山、嵯峨野巡りに行ってまいりま~す☆

|

« スーラーおじや♪ | トップページ | 京都は歩く、歩く♪ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/588016/55115549

この記事へのトラックバック一覧です: そうだ 京都 行こう♪:

« スーラーおじや♪ | トップページ | 京都は歩く、歩く♪ »