« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »

2011年9月

2011年9月30日 (金)

涙、涙の、蝶ヶ岳♪ その1

9月24~25日sun 蝶ヶ岳(2677m)

1日目 上高地~明神館~徳沢園~大塀山~蝶が岳

9月最後の連休は晴れの予感・・・

24、25日と一泊二日で登れる山を検討
双六?燕?甲斐駒?鳳凰三山?塩見?


なかなか決まらず・・・


でっ、、、

結局ダンナが選んだ塩見岳に決定!

(どうしても3000m峰を目指したい男に負けた実は双六に行きたかった女)



自宅を出たのは0:00
私はいつものように爆睡。。。

朝目覚めると、、、あれっ、ここって、、、見覚えがある?
もしかして新穂高じゃない? 


ダンナ  そう! 塩見はよーく考えたら小屋の予約をとってないし
      一泊二日じゃ無理だと思って、とりあえずここに来てみたけど
      駐車場がどこも満車であいてない

とりあえず少し走って空いている駐車場に停めてどうするか相談。。。



ダンナ  ここからロープウェイに乗って西穂独標まで行くか

妻     ・・・

ダンナ  双六は今からじゃ無理だよ

妻     ・・・

妻     flair そうだ! 蝶に行こう!

ダンナ  まっ、いいか

ということで一路上高地へ向かうrvcardash


沢渡の駐車場もいっぱいだったけど

だいぶ奥の方だけど、停めることが出来た



急いで支度をしバスに乗り

河童橋に着いたのは、、、

20110924101309
10:00過ぎ~

う~ん、今日もいい天気だぁヽ(´▽`)/

ちょっと出発が遅いので・・・

急ぎます。。。

20110924111759
明神館を過ぎ、、、

20110924115519

横目で景色を堪能しつつ、、、

20110924121257
12:00 徳沢に到着

20110924121033
急いでいてもここのソフトははずせな~いdelicious

20110924123011_3

あぁ~ここでテント張って寝転んでいた~い

しか~し

20110924121250

20110924123030_2
願いは届かずsweat02

12:30 登山スタート

こんなに遅い時間にスタートするのは初めて
無謀な登山者と言われても何も言えないよなぁ
日が暮れる前につきたいけど・・・

20110924124024
巨人の足みたいな大木

のっけから急登だし・・・

20110924131601
かすかに見える空は雲一つない青空なのに・・・

なのに・・・なぜに・・・樹林帯の中をただただもくもくと登っていくのみ・・・
行けども、、、行けども、、、どこまでも続く急登

20110924140228
今日は花さえも目に入らない

地獄だぁ!地獄の急登だぁ!
聖を思い出すぅ(/□≦、)

20110924161850_2

4:18 ようやく長塀山に到着

_| ̄|○ 疲労度Max

20110924161954
ダンナ 槍見えるよぉ!

私   見えねーし ってか _| ̄|○で それどころじゃなーーーい!

20110924165240
反対側の景色。。。

あぁ・・・日が暮れる前に着かないと・・・
今私の頭の中にあるのはそれだけ!

どんどん行くよぉ! 気持ちだけは・・・

でも足が追いつかなーーーい!

20110924165749

妖精の池? ただの水たまりにしか見えないけど・・・

(蝶が岳ヒュッテのHPによるとサンショウウオの産卵が見れるらしい)

20110924170007

5:00 槍見えたーーー!

20110924170605

視界開けたぁ!  山頂見えたぁ!

ぅぉぉぉーヽ(゚ω゚ )ノヽ( ゚ω゚)ノヽ(゚ω゚ )ノぅぉぉぉーヽ( ゚ω゚)ノヽ(゚ω゚ )ノ ぅぉぉぉー

20110924170757

20110924170847

槍に続いて穂高の山々も見えたぁ!

20110924170956_2

ヒュッテの向こうに常念も。。。 

20110924171108

やったぁ!     

って、、、

カメラを向けられたからポーズをとっていたけれど、、、

ホントはさ、、、

20110924171540_2

一歩また一歩と足を踏み出す度に涙がこぼれ落ちてくる

もちろん辛いのも、苦しいのもあるけれど、、、

だけど、、、涙の理由はそれだけじゃない。。。

20110924171726_2

目の前に広がる槍・穂高の稜線、、、

槍ヶ岳、大喰岳、中岳、南岳、北穂高岳、涸沢岳、奥穂高岳、前穂高岳と

この2年間で目指した北アルプスの3000m峰の山々

ひとつひとつの山の思い出がよみがえってくる

そしたら急に泣けてきた。。。


ダンナに泣き顔を見られないように・・・

なにごともなかったように、、、

ちょうどバックに夕陽が、、、

もうすぐ山頂、、、

あともう少し、、、

20110924172123
5:21 蝶ヶ岳山頂(2677m)に到着

長かったーーーー! 遠かったーーー!

20110924172321

でも蝶から見える美しい景色、、、
もうこれで全部チャラ、、、辛かったことはみんな忘れちゃう
今日はホントに来て良かったぁ。。。



と思ったのもつかの間、、、

今日は山頂まで一気に登ってきたため

テントを設営中徐々に気分が悪くなっていく私

しかもものすごく寒い!

ここはもはや秋ではなく冬!

テント設営後はテントの中に急いでもぐりこみ

完全にノックアウト

あぁーーーまたしても沈む夕日を見れないまま

朝を迎えることになるのね

と思いながらダンナが入れてくれたお湯を飲んだ直後

胃を刺激してしまったのか

うっ!ヤバい!吐きそうーーー!

ダンナに なんか袋くれーーー!と叫びまくり

渡された袋の中に吐きまくり

その後、、、多分、、、深ーーーい眠りに落ちていった・・・



と思われる



長々と読んでいただきいつもありがとうございます

まだまだ次回に続きま~す。。。

涙、涙、の蝶ヶ岳♪ その2はコチラからどうぞ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月29日 (木)

鎌倉へ♪

今日は鎌倉在住6ヶ月のNさんと鎌倉散策に出かけましたぁ!

3か月ぶりの鎌倉~☆

Kc3o0053

まずはなると家さん 9月のごはんです(写真がショボdown

相変わらず美味しゅうございました☆☆☆

今日も入口に続く階段は行列でした。。。

Kc3o0054

久々雲母~♪

こちらも白玉やわらくてほんのり温かくて美味しゅうございましたぁ

ここも待ってる間に行列。。。

Nさ~ん、今日は付き合ってくれてありがとう!

来月は鎌倉アルプスご案内いたしま~す☆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月26日 (月)

朝ゴハン♪

9月最後の連休はハレの予感♪

後部座席のシートを倒していつものように寝床に入る私

真夜中のハイウェイを走る車の中から見えたのは満点の星空

明日はきっと青い空に向かって歩いていける・・・

その先に待っているものは・・・

山の神様からの最高の贈り物・・・

心がはずみます。。。



そして・・・

車は南アのあの山に向かっていると思いきや・・・

でも私が目覚めた場所は・・・

のばしてすいませんcoldsweats01

次回に続きます。。。



写真がないので今日は久々山以外、朝ゴハンUPで~す☆

Photo_2
冷蔵庫の余り物を寄せ集め&昨日八ヶ岳SAで買ったパン&
これも昨日の山ごはんの残りのカップスープ

てんこ盛り~♪ ちとよくばり過ぎたかな? 
お皿は大きめなのですが・・・(*´ェ`*)

山での朝ゴハンもこんな風に出せたらいいんですけどね
我が家はいつも暗闇スタートなんで、、、
いつも歩きながらのゼリー注入~

ではいただきま~す☆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月22日 (木)

本日快晴~金峰日和♪

9月18日(日)sun 金峰山(2596m)

9月の3連休・・・ほんとは南アの荒川三山を予定していたのですが
ノロノロ台風の影響で、どうするか悩んだあげく
日曜日だけはどうやら晴れそうな気配・・・
西穂独票?燕?ああだ、こうだと話し合った結果
去年通行止めのため断念した金峰山に決定!


山頂はいつも真っ白~な我が家
果たして今回は・・・
どんな景色を見れたのか・・・こうご期待(*´σー`)


いつものように真夜中に大弛峠の駐車場に到着・・・
すでに満車。。。あえなく路駐
さすが百名山!

20110918063838
早朝 おぉ!sunの予感。。。

20110918063756_3

和式のトイレが2つあります
ペーパー完備、鏡もあります
お水は出なかったけど
道路を少し下がったところに
沢のお水が出てます

20110918064023
6:40 登山開始~☆

20110918064357
しばらくは樹林帯の中を歩いていきます

20110918065459
歩き始めて1時間後、、、

立ち枯れた木々の間から雲海に浮かぶ南アルプス

2011091807075920110918070759_2

富士山がとっても鮮やかに見えている

今日は空が澄みきっているね!

20110918071722
7:17 朝日峠  ここでちょこっと休憩

20110918071913
休憩後はいきなりの登り坂

結構息が上がります

20110918071939_3
それでも苔むした森に光が射して、、、

20110918073206
緑がとっても輝いている
気持ちのいい登山道。。。

しばらくすると、、、
展望の開けた尾根に出た

20110918074813

20110918074820_2
澄みきった空と大展望ーーー!

今日は真っ白ーーー! ではなく  真っ青ーーー!

まだまだ先を急ぎます。。。

20110918075312
立ち枯れた木々の向こうに見えるのは金峰山かな?

20110918080210
8:02 朝日岳

20110918080219
ここから見える景色もいいね~♪いいね~♪

20110918080736
中央に金峰山、ちょこんととんがっているのが金峰山のシンボル五丈石
右に八ヶ岳、左に南アルプスかな?

大展望(・∀・)イイ!

これは、、、山頂からの眺望も期待できそう(*゚▽゚)ノ

急げ~急げ~

ここから先は短いけど急な下り坂なので気を付けて歩かないと。。。

20110918083308
まだまだ暑いけど、、、もう秋が近づいてますね。。。

20110918083925
しばらくは樹林帯を進んでいきます

岩や木の根が多いのでちょっと歩きづらいなぁ
前日までの雨のせいか所々グチャグチャだし

20110918090506
ここを登りきると、、、

20110918090646
すごーーーい!
またしても大展望ーーー!!

目の前に瑞牆山、その向こうに八ヶ岳

瑞牆山は2年前に登った山(まだレポ書いてないけど・・・)

20110918091139

360度大パノラマの気持ちのいい尾根を山頂に向かって歩いていきます

20110918091426_3

20110918091146

20110918091856_4

20110918092201_2
このゴツゴツ下岩の向こうが山頂かな
すごい人です

中央にドーーーンとそびえ立っているのが五丈岩

20110918092537
9:25 金峰山(2596m)山頂♪

20110918092745

20110918092842

山頂は混雑してるのですぐに下ります
それにしても五丈岩って遺跡のようだ!

20110918093234

てっぺんに人の姿が、、、
私も登りたーーーい!
でも・・・降りれなそうだな・・・

20110918093402
お兄さん下山中。。。

20110918095613

20110918100226_2

20110918100233

20110918100239_3

20110918100245
金峰山最高ーーー!!

20110918110555
11:05 いつまでも見ていたい景色ですが・・・そろそろ下山へ

20110918120333

 

20110918120736_3

今日の富士山はずっと綺麗に見えてました。。。

20110918132153
1:21 下山終了。。。

青空の下、雲海に浮かぶ山々が見渡せて
今日はホントに気持ちのいい山歩きができました。。。

本日快晴~金峰日和♪

おしまい。。。

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月21日 (水)

穂高の夏♪ その5

いよいよ最終章

4日目の朝を迎えて、、、

穂高の夏♪ その1 はコチラからどうぞ 

穂高の夏♪ その2 はコチラからどうぞ

穂高の夏♪ その3 はコチラからどうぞ 

穂高の夏♪ その4 はコチラからどうぞ

今日の行程 涸沢(5:00)~北穂(7:50)~涸沢(11:25)
涸沢(1:15)~横尾(3:35)~徳沢(4:30)~上高地(5:58)

20110817045900

5:00 お天気悪そうだけど、、、いざ、北穂に向けて登山開始~☆

20110817051431
おっ、前を行くのは大学のワンゲル部のパーティかな?
それにしてものっけから急登だよぉsweat01

20110817055008
歩き始めて1時間、、、息が上がるぅ(@Д@;

じぐざくの藪道に入る。すると、、、頭上の木々の方から

「きゃーーーーっ!!」 「だいじょうぶかぁーーーーっ!!」

「えーーーっ!!何ーーーっ!!」


そして頭上で石がコロコロと転がる音・・・

落石だ!!頭の中でよぎり、すぐさま木々を見上げて回避体制

そしてその石の転がる音が止まった頃に小さくか細い声で・・・


「ラッ ラク」
   earモシモシ?・・・ear今なんて?・・・


てかっ、あんたたちぃーーー!! 

声が小さーーーい!!

しかーーーも

もう石落ちて止まってるしぃ(-_-X)

「ラク」 言うの 遅いですからーーーっ!!


どうやら女の子が足を滑らし斜面に落ちたようだけど
木の枝にひっかかり、間一髪滑落事故はまぬがれたようです
引っかかってなかったら大けがか
死んでたかもしれないんだから( ̄◆ ̄;)
石はその子を助けようと引き上げた際に
蹴落としてしまったようでした
とりあえずは無事で良かった。。。

と・・・

ホッと胸をなでおろし、再び歩きはじめてガレ場を通過中

またしても前から

「きゃーーーっ!!」

「えぇーーー!! 今度は何ーーーっ!!」


\(;゚∇゚)/

岩に足をとられてつまづいたのか・・・どうかよくわかんないけど・・・
もう私の緊張度 Max なんですけどw(゚o゚)w

もうこれ以上この子たちの後を歩くのは怖すぎて無理!

20110817061044

ということで、、、休憩中の彼らを追い抜き先を行くことに。。。
少し安心。。。も緊張の連続は変わらず
視界はどんどん悪くなる中、3点確保で岩場をよじ登り

20110817061750
長い梯子を登ったり

20110817070028

時に岩肌に広がるお花畑に癒されながら

20110817072329

どこまでも続く険しい岩場を越えて行くと

20110817073716
7:37 北穂の分岐に到着

山頂まではもうすぐだぁ! 

ここから先は足元悪し、要注意です
石の階段を上りつめていくと、、、

20110817075004
ようやく山頂♪

7:50 3000M峰16座目北穂高岳(3106M)good

山頂はまたしても真っ白~sweat02

20110817075306
山頂に立つ北穂高小屋

でっ、、、

20110817082615_2

小屋の前の空中テラス

山を知ってからずっとずっと来たかった場所

やっと来れたのに(´・ω・`)ショボーン

晴れていたら、、、

Img_9304
                    (PEAKS 2009 No.2より)

ほんとは

こんな景色が広がっていたのです☆

こればっかりは仕方ないですね

また来ます、、、必ず。。。

今度は槍から大キレットを通ってこの空中テラスまで・・・

いつか挑戦してみたい・・・ 新たな目標!

20110817082627
売店でてぬぐいを買い(Tシャツもなかなか良かったなぁ)

8:25 下山開始

20110817101304

ガスもますます濃くなり、時々叩き付ける雨の中
ツルツル滑る岩場を一歩一歩足場を確認しながら慎重に下っていきます

20110817101346
前を行く学生たち

20110817112321

20110817112224_2
ようやく涸沢が見えてきたぁ

20110817112418
小屋も、、、

20110817112552
11:25 下山終了

ふぅ~お腹ペコペコ~☆

20110817115616
小屋でラーメンとうどんを注文

あっ、写真撮るの忘れたとダンナに言ったら

今撮ったよ!  って なんもねーし ┐( ̄ヘ ̄)┌ フゥゥ~


お腹を満たしたあとは、、、テントでマッタリ~

とはいかず、、、すぐにテントを撤収! 準備を整え!

20110817131614
1:15 いざ上高地に向け下山開始~☆

果たしてバスに間に合うのか・・・


サヨナラ♪涸沢、サヨナラ♪穂高の山々 

たくさんの感動をありがとうーーー!

20110817132430
前回来た雪道の方が断然歩きやすいなぁ。。。

20110817132635
さすが人気の涸沢、、、たくさんの人がひっきりなしに登ってきます

20110817143744
2:37 本谷橋

ここでザックを降ろししばし休憩♪

20110817144227
2:42 出発

吊り橋大好き♪

20110817145146

20110817150140_3
屏風岩、、、去年の5月はあちこち雪崩れてたよなぁ。。。

それにしても長ーーーい! やっぱり雪道の方がラクだぁ!

20110817153410
橋見えたぁ(;ω;)

20110817153437
ヨレヨレになりながら橋を渡りきると、、、

20110817153549
3:35 ようやく横尾山荘に到着

たくさんの人たちが休憩中♪

ここでちょこっと休憩し、、、また歩き出す。。。

20110817163043
4:30 徳沢 

20110817171705

5:17 明神館

20110817175836
5:58 河童橋

ここでダンナ 「もうバスはないだろうから、タクシーがあったら乗ろう」と

私 「臨時便もあるかもしれないから、急ごうよ」って

だって往復のバス代払ってるからもったいないし・・・

ホントはグダグダでデレデレ状態だったけど、、、

最後の力を振り絞りバス乗り場まで急ぎ足で向かう。。。

すると、、、

「沢渡まで最終のバスがもうすぐ出ま~す 急いで~急いで~」と

天の声ーーー!

バスまで猛ダッシュ!

無事最終のバスに乗れてようやくホッとできたぁ。。。

沢渡の駐車場から温泉に向かい4日ぶりの至福の時間を堪能し

近くのお店で夕飯を食べ帰宅の途へ。。。


今回の穂高縦走

天気が悪かったり、緊張の連続でもあったけど
お互いケガもなく4つのピークを踏むことも出来て
最高に充実した山行きでした

山の話を楽しそうに語ってくれた山で出会った人たち
色んな意味でいい刺激になりました

いつか穂高の山を全部つなげたら・・・
そんな大きな夢をちょっことだけ抱いてしまった自分がいる

そのためには技術も精神も鍛えなきゃ!
ですね(*´v゚*)ゞ

頑張ります!新たな目標に向かって・・・

穂高の夏♪は感動の夏でした。。。

いつも読んでいただきありがとうございますnote

これにて穂高の夏♪ 完。。。

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月16日 (金)

穂高の夏♪ その4

3日目の朝、まずは暗闇の中涸沢岳を目指します


穂高の夏♪ その1 はコチラからどうぞ

穂高の夏♪ その2 はコチラからどうぞ

穂高の夏♪ その3 はコチラからどうぞ


3日目(8/16) 穂高岳山荘~涸沢岳~涸沢

穂高岳山荘(4:20)~涸沢岳(4:44)~穂高岳山荘(5:30)

穂高岳山荘(6:14)~涸沢小屋(8:10)

20110816043120
4:20 涸沢岳に向け出発です

雨は霧雨なのですが、、、ものすごい強風で飛ばされそう
私たち以外登っている人はいなそうだけど・・・大丈夫なのか?

足元は岩がゴロゴロ、とっても急で歩きづら~い
ガスと強風で先がよく見えないし・・・

20110816044401

4:44 でもあっという間に3000M峰15座目涸沢岳(3110M)山頂good

20110816044518

風が強いので山頂に着いたら斜面の後ろ側に回ろうと思っていたけど、、、
後ろ側は切り立った崖だった\(;゚∇゚)/

結局ものすごい強風の中岩にへばりつき夜明けを待つことに。。。

20110816050454

オレンジ色の雲が弧を描く

20110816050710

20110816050652

雲がものすごい早さで流れていく・・・

一瞬だけ浮かびあがる朝焼けに照らされる山々が神々しい

20110816050908

常念岳が朝日に照らされて、、、

20110816050948

北穂、、、槍ヶ岳が姿を現してくれた。。。

20110816051036

20110816051256


山頂で迎える朝はいつも感動を与えてくれる。。。


5:14 さぁ、山頂をあとに、、、小屋まで戻ります

20110816052116

こんなに急だったんだぁ!
足元に気を付けて下ります

20110816053243

5:30 小屋に到着です

朝食を済ませ、準備をし、、、

20110816061422

6:14 涸沢に向け出発

20110816061729

緊張のザイテングラードcatfaceの始まり。。。

えぇーーっ!

しょっぱなからこんなアリ地獄のようなガレ場をくだるんかい!

落石でも起こしたら前を行くお兄さんが(lll゚Д゚)

ド緊張!!

と、、、前を行くお兄さん、、、

「ここ違うみたいです(゚ー゚;」と、、、

20110816061844
写真左上が正しいルートでした( ̄◆ ̄;)

まっ、私が前を歩いていたとしても
きっと間違っていたと思われるので
お兄さんを責めることはありませんから。。。

20110816063531

視界悪し、、、浮石だらけで心臓バクバクですshock

20110816065359

ガスガスだけど、、、目の前に広がる涸沢のカールは美しい。。。

20110816073250

常念も見える。。。

20110816073317

20110816074958

20110816074958

吸い込まれそう。。。

20110816081041

涸沢小屋が見えたぁ

思っていたより長かったなぁ
もう足がガクガク\(;゚∇゚)/

20110816082140

20110816082140

8:10 涸沢到着

2度目の涸沢 テントがいっぱい

20110816081554

さっそくソフトクリームにかぶりつく~☆
濃厚で美味しいーーーっ!!

ジョッキパフェも魅力的だったけどlovely

20110816081544

もうひとつおまけに、なんだっけ?

おもち?おだんご?
うーーん もうちょっと濃厚だったら良かったかも~catface

20110816082205

ではでは、テント場まで降りてテントを設営しますかね~

ここで私、軽い頭痛と吐き気で北穂は断念
テント設営後ちょこっと横になるはずが、、、爆睡sleepy

20110816115022

20110816115418

起きても吐き気は直らず、とりあえずヒュッテでカレーとおでんを注文

食べてるうちになんだか急に元気になってきたぁ(*´σー`)

もしかして、、、これって、、、シャリバテ・・・だったのかもcoldsweats01

20110816124526_2

しばらくすると、、、ヘリが飛んできた

20110816124604_2

双眼鏡を覗いてみると、、、何人か人の姿が見える
救助隊の人がヘリから降下している
遭難したのかなぁ・・・
明日の北穂登頂の不安が募ります。。。

20110816141420

食事を終えてテント場に戻って来ると、、、
ツェルトを張っているお兄さん発見!
ポールの代わりにストックを使うのね
なるほどぉ、なるほどぉflair
中を何気に覗いたけど、なかなか快適そうだったな☆

明日は朝から北穂に登って、下山後すぐにテントを撤収して
上高地まで

長~い1日になりそうだ。。。

ここで最終章になるはずが、、、すいませ~ん

まだまだ続きます

もう少しだけおつきあいくださいませ。。。

穂高の夏♪ その5 はコチラからどうぞ

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月15日 (木)

穂高の夏♪ その3

またまたご無沙汰してしまいましたぁ
まだまだ猛暑は続いておりますが、、、
秋になる前に、、、冬に入ってしまう前に、、、
穂高の夏♪を書き上げるつもりではいるのですが・・・coldsweats01


穂高の夏♪ その1 はコチラからどうぞ

穂高の夏♪ その2 はコチラからどうぞ


それでは本日は前回の続き、紀美子平から奥穂を目指します!


2日目(8/15) 紀美子平~吊尾根~奥穂高岳~穂高岳山荘



紀美子平(9:20)~最低のコルの分岐(9:55)~奥穂高岳(12:27)

~穂高岳山荘(1:58)

20110815092349

9:20 奥穂を目指し、登山開始~

奥穂まで続く吊尾根に向かいます
歩き始めてすぐ大きな岩場を登る人、下る人たちの渋滞があったので
しばらくの間待機。。。
そのうち小雨が降り始め、それでも後から、後から人が降りてくる
結構苦労しながら。。。
そんなに大変なのこの岩場・・・ちょっと不安になってくる

私の頭の中は、、、吊尾根=危険な登山道 人=落石 しかも雨=滑落
今回はいつになく緊張感でいっぱいの自分が常にいます。。。

やっとみんな下りきり、いよいよ私の番、、、
登りのせいなのか、意外とすんなり登りきる。。。
ふぅ~ホッとしたぁ(^-^;

20110815094301

ホッとしたのもつかのま、ガスに覆われた狭い登山道
よろけたり、転んだら・・・って考えただけでw(゚o゚)w
緊張は続きます。。。

20110815095024
晴れていたらすばらしい展望なんだろうけど、、、
そんな中であちこちで広がるお花畑が少しだけ
私の緊張をやわらげてくれた

20110815095650
9:55 最低のコルの分岐通過

20110815101904
前穂、、、ガスガス(ρ_;)

20110815104541
眼下に涸沢、、、でもガスガス(ノ_-。)  

そろそろ気力が、、、_| ̄|○ _ノフ○ グッタリ

すると、、、

20110815105111
あっ!雷鳥だぁ!

20110815105131
あっちにも、こっちにも
まさに雷鳥パラダイス!

20110815105312_2
すぐ目の前にも。。。

20110815111835
黄昏る雷鳥、、、何を思う。。。

20110815113519
不気味な鳴き声を発しながら土を凄い勢いで掘っているオス

しばらくの間雷鳥さんの先導で登山道を歩いて行く

20110815113734

途中雷鳥さんとはお別れ

20110815114630

目の前にでっかい岩場
長~い鎖が垂れ下がっている

後ろにいた夫婦の奥様と
「ここはどうやって登っていくのだろう」と二人で目の前の岩場を見つめる
そして「お先にどうぞ」と夫婦を先に、、、
私、、、あとから着いていく

早い、早い、夫婦との距離はどんどん離れていくぅsweat01

20110815115839

20110815115839_2

足元を確認しつつ、一歩一歩慎重に。。。

20110815120716_2
だいぶ上がってきたぞ
これ、下りだったら結構怖いかも~

20110815121158_2

振り向くと歩いてきた道のりが、、、結構すごいところを歩いてきたのね

20110815121255

20110815121320

20110815121320_2
もうすぐ山頂だぁ!

20110815121555

20110815122557_2

20110815122703_3
12:27 3000M峰14座目 奥穂高岳(3190M)山頂good やったぁ!

やっぱり真っ白だけどぉーー(。>0<。)

20110815123916_2

20110815125146

山頂で出会った可愛い山ガールさん、
後ろで横になっているのはイケメンの彼氏

関西からきた二人、彼女は小学校以来、彼氏は初めての登山
涸沢からザイテングラートを通ってきたそう

笑顔とファッッションがとっても可愛くて
思わすシャッターを押してしまいました

ありがとうね~☆

先ほど岩場で出会った夫婦ともここで雑談
奥様は長い山行きは娘さんと、短い山行きはご主人と行かれるそう
色んな山を登られていて、とっても明るくて楽しい奥様でした
今日は同じく穂高小屋泊しかも個室だそうです

楽しいひとときをありがとうございました☆

20110815125908

ここから見えるジャンダルム、楽しみにしてたのだけど、、、
やっぱり真っ白~

でも一瞬だけその姿を見せてくれた!
山頂には人の姿もはっきり見えた!

いつか、、、登ることはないだろうけど、、、
ジャンダルム、、、迫力あります、、、とっても男前!!

20110815130329_2
いつまでも待っても山頂からの眺望は望めそうにはないので

1:00 穂高岳山荘を目指し、山頂をあとにします

かなり急な下りだけどsweat01

20110815131619

20110815131619_2

20110815131717

どこまで続くの~

20110815134217_3
なんじゃこりゃ! どうやっておりるん?ってくらい急すぎるのですが・・・

なんかネット張ってあるし・・・これって・・・
ここから滑落した時に受け止めてくれるネットなのかな???
確か聖岳にもたくさんあったような・・・
それだけ危険だということだよね(;´▽`A``

20110815134814

この鎖でどうやっておりるん?
しかも私の大嫌いなトラバース、しかも雨でとっても滑るし・・・
この山行き始まって以来の超難関!!(゚ロ゚屮)屮

20110815135033

梯子も濡れてとっても滑る、滑る
そして2個目の梯子の後の大岩で足が届かず、、、ちょっとあせる
ここもこの山行き始まって以来の超難関であった。。。

ダンナいわく「ここが、、、何故?」と、、、

でも私にとっては超、超、超、 怖かったーー!!

ここが、、、一番、、、怖かったんだよぉーー!!

20110815135848
色々と葛藤がありましたが、、、

1:58 無事穂高岳山荘に到着です

20110815135843

雨が強くなってきたので、今日はテントではなく小屋泊にすることに。。。

小屋に入ると昨日岳沢で出会ったソロの男性とまたバッタリ
彼もどしゃぶりの雨なので今日はテントではなく小屋に泊まるそう

そして昨日お昼過ぎに岳沢を出発したビールのおじさん発見
彼の話によると、、、
途中暗くなり道に迷ったらしく、なっ、なんと、
夜の10:30頃穂高岳小屋に到着したらしい
遭難しなくて良かったぁ
でも、おじさんちょっと無謀じゃなかったかしら・・・

写真を撮るのをすっかり忘れてしまいました
小屋の中はとっても綺麗です

素泊まりの私たち、、、夕飯を作る時、バーナーが
ガスの人は中で使うことができるのですが
ガソリンの我が家は外で使ってくださいとのことで
ダンナは合羽をきて外でご飯を作らなければならず
ちょっと不便な思いをしました

夕食時の小屋の中は老若男女あちこちで宴会だらけ
かなり盛り上がっている
さっきのソロの男性、おじさんも合コンしてるし~
みんな楽しそう!

私たちも夕飯を食べていると、、、
隣に座っていた
男性が話しかけてきました
二人とも広島から来た学校の先生だそうで
一人は登山歴10年、もう一人の方はまだ4回めだそう

二人は今日北穂からこちらに向かっている最中涸沢槍あたりで
遭難者を発見し、救助要請をしたけどその人は
すでに亡くなられていたそうです


8月の初めにもザイテングラートで落石による
滑落事故でおじいさんとお孫さんが亡くなるという悲しい事故がありました
ご冥福をお祈りします。。。


その後も色んなお話をしていただき、いつもは二人きりの夕ご飯も
にぎやかで楽しい時間を過ごさせていただきました
またいつかどこかの山でお会いできたらいいですね
ありがとうございました

暗くなってもぞくぞくと登山者はやってくる

私たちは部屋に戻り、明日の準備
明日は夜明け前から涸沢岳に登り
ザイテングラートを下って涸沢に降り
天気、体力次第で北穂に登る予定

色んな人になんで涸沢まで降りて北穂なの?
このまま北穂まで行っちゃえばいいのにって、、、

でも、、、私にはまだそんな技量はないわけで・・・

岳沢小屋でも、ここ穂高岳小屋でも出会った人たちは
みんな、みんな見た目は普通の人なのに
ツワモノだらけだった\(;゚∇゚)/

まだまだ緊張が続くなぁ。。。

頑張れるかな?私(@Д@;

まだまだ続きます

長々と読んでいただきありがとうございます

穂高の夏♪ その4 はコチラからどうぞ

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

20110815122703_2

20110815105312

20110815120716

20110815121158

20110815123916

20110815130329

20110815134217_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »