« じぇじぇじぇー! 満員御礼!西穂高岳!Vol.2 | トップページ | ユルユル登山部♪ 金時山へ。。。 »

2013年9月30日 (月)

空飛ぶ山岳救助隊





Img_0976_2



西穂で遭遇したヘリでのレスキュー

自宅に戻って本棚にしまってある一冊の本を手にとった
羽根田 治さん著 「空飛ぶ山岳救助隊」

この本を知ったのは 漫画 「岳」 15巻で
石塚さんがあとがきに寄せた
~故・篠原秋彦氏を偲んで~

ヘリ・レスキューに命を懸けた男、篠原秋彦
まさにこの言葉の通り

この本を読むと
どんなに困難な場所にも飛んでいく篠原さんと仲間たちの
壮絶な現場での命がけの救助
ホントに頭が下がる思いで何度も何度も読みました

レスキューのビデオも見たのですが
その中で篠原さんは救助した登山者に
「よくがんばった」という言葉をかけていました

こちらもよく見ている穂高岳山荘の小屋番さんのブログ
ぼちぼちいこかの去年のGW
(この時は私たちは北穂に登るために涸沢に滞在してた)
に起きた壮絶な救助のことを綴った 夜間救助 の中で
この言葉は篠原さんの口癖でしたと書いてあったことを思いだし

厳しさと優しさの両方を持ち合わせ
たくさんの山仲間から愛された篠原さんの
姿に深く感動しました

しかし篠原さんは2002年に救助中の転落事故で命を落として
しまわれました
残念です
もっともっと生きていて欲しかったです


この本の中で最後に羽根田さんが
「願わくば、篠原氏の志を受け継ぐ者が、いつの日か現れることを。」
と綴られていました


でもきっと篠原さんの意志は救助に関わるたくさんの
山仲間に受け継がれているのでしょうね。。。

|

« じぇじぇじぇー! 満員御礼!西穂高岳!Vol.2 | トップページ | ユルユル登山部♪ 金時山へ。。。 »

コメント

こんばんは(^0^)w

西穂記事から続けて読ませていただきました♪
鍋平の駐車場にいらっしゃったんですね~~バッタリチャンス逃してしまったです~~(> <)
独標から先も難なく進めるなんて、やはりキャリアが違いますね~~素晴らしい♪♪


西穂山荘、やはりテン場からこの眺望は魅力的です♪
でも我が家は、やっぱりまだまだ丸山止まりですね(^-^;
混雑期、子連れはそれでなくても渋滞を引き起こしてしまうので
人気のお山、落石の起きそうなエリアは極力避けてます。。。

救助の方々には、ホント頭が下がります。
そんな方々に、少しでも迷惑をおかけしないように
自分の技量と相談しながら、慎重なコースを選んでいきたいですね♪♪

投稿: もえここ | 2013年10月 2日 (水) 22時08分

もえここさん、こんばんは♪ お忙しい中コメントありがとうヽ(´▽`)/
ここに来てくれたってことはブログUPしたんだと思い
移動中の電車の中で読みました(^_^;)

そして、、、そして、、、
やっぱりーーー!あれはもえここさんだったんだーーー!
ちょうど私たち駐車場に車で向かっている時
脇を歩いている女性をすれ違いざまに見てたのです
あれっ?どこかで見たような・・・?
あっ?もしかして?もえここさん?かもって
ダンナに言ってたんです
北アに行くようなこと書いてあったし・・・

やっぱりそうだったんだぁ
二度目のバッタリだったんだぁ・・・残念crying
実は私もホントは双六行きたかったんです
でもダンナに混むからって却下された
結局西穂も混んでたけど(笑)
そしたら会えたかもしれませんね
でもこの分じゃ三度目もありそうだ(* ̄ー ̄*)
次回に強い期待を( ̄ー ̄)ニヤリ

もえここファミリーは丸山といっても確か登ったの冬じゃなかった?
パパさんは西穂まで一人で行ったんだよね
やっぱりお子様たちはすごいよ!
でも何よりももえここさんがしっかりしてるから
子供たちの様子を見ながら行くべきか撤退すべきか
ちゃんと考えられるもえここさんの行動にいつも
感心しています♪

確かに混雑時岩場など渋滞している時は常に
落石の心配がありますよね
お子さんを連れてたらやはり心配ごとは増えるしね
それにしても小さなお子さんがかなりいたから
私もびっくりしたけど・・・

今回はロープウェイから山荘まで遠くなかったし
一泊できたしで
体力温存できたので西穂まで行けたと思うんです
もえここさんの方がキャリアも体力も絶対あると思いますよ

でもほんとに救助の方に迷惑をかけないように
もえここさんと同じく自分の技量と相談しながら
山を楽しんでいきたいと思いますhappy01

また後でもえここさんのブログ読みにいきますね♪
でもホントに連休暑かったよね
KOKOちゃんが大変だった気持ちよくわかるぅ
よく頑張った!(^^)!

投稿: ゆう | 2013年10月 3日 (木) 20時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/588016/58294152

この記事へのトラックバック一覧です: 空飛ぶ山岳救助隊:

« じぇじぇじぇー! 満員御礼!西穂高岳!Vol.2 | トップページ | ユルユル登山部♪ 金時山へ。。。 »