観る

2011年5月23日 (月)

岳♪

Img_8403
GWに映画「岳」を観にいってきました

公開した翌日に行ったのですが、、、以外にも来ている人たちの年齢が高い
50代、60代ぐらいの夫婦、ザックを背負ったおじさん1人っていうのが結構多かったかも
みなさん、きっと山ラーなんですね☆

映画の方は、、、いやぁ、泣けましたぁsweat024回ほど
隣のおじさんも泣いてましたねぇsweat02

ちょい、ちょい、う~ん???と思ってしまうこともあったけど
冬山の景色がとっても綺麗で、最近冬山に興味のある私にとっては
感動の連続でした。。。

「岳」を見終わって、また沸々と山への情熱が湧いてきましたぁ!
今年の夏も3000m峰を目指し、いっぽ、いっぽ登っていきたいと思います☆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月23日 (日)

めがね♪

Photo_3 映画「めがね」さっそく観に行ってきましたぁ~♪

この夏ようやく、「かもめ食堂」のDVDを借りて、とってもハマッテしまい、そして秋、「めがね」の上映・・・

物語の始まりは季節は春、とある南の島の小さな宿「ハマダ」に旅人「たえこ」がやって来て・・・

続きを読む "めがね♪"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月 6日 (日)

日本沈没♪

本日旦那と2人、横浜に映画「日本沈没」を観にいきましたぁ~

日曜ということもあり、激混み、しかもチケット売り場の電光掲示板、日本沈没P.M12:45は点滅している、これを逃すともう観れないということもあり(単身赴任中の旦那は今夜帰らなければならないため)ドキドキしながら並ぶこと30分無事チケットを手に入れたが、席はてんでバラバラ。しかも館内が暗くなった瞬間ものすご~い睡魔が襲ってきて、おもわずうとうと・・・げっ、30分も寝てしまった~登場人物のつながりが・・・いまいちわからない???途中両隣の男性2人は2度も涙しているし・・・最後のシーンはアルマゲドンと重なるし・・・真剣に見なくてごめんなさいって感じでした

うちの旦那は邦画はあんまり誉めないけど、めずらしく「まぁ良かったんじゃないの」と言ったあと「あれは柴咲こうだから良かったけど、山田花子だったらだめだよね~」って、、、

どうしてここで山田花子なんだよ!

まったくぅ~?おかしな男だよ~

そんなこんなで岐阜に帰った旦那でしたが、帰り際「お盆は帰ってくるの?」の妻の問いかけに「13日だけ休みだけど、帰ってこようかな~?」妻「・・・・」旦那「あっ、お盆て来週なんだ~」妻の心の声「来週っていうか、多分12日の夜に帰ってくるから今週だけど・・・」旦那「帰ってこよう!」妻の心の声「帰ってくるのね~」

日本沈没、夫婦も沈没間近???

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月15日 (木)

ダ・ヴィンチ・コード♪

Photo_25 今日は六本木ヒルズに映画ダ・ヴィンチ・コード&ダ・ヴィンチ・コード展を観にいきましたぁ~♪

映画館はほどよく空いていて、とってもきれいですごく気に入りました。TVなどで賛否両論あったので少し不安でしたが、私的にはとっても良かったと思います。

ただ本を読んでない人は少しわかりづらいかな?とも思いました。臨場感もあり、ドキドキもあり、涙もあり、なかなか良い映画だと思います♪

映画のあとはラ~ンチ★

ヒルズに行く途中インドカレーのお店を発見!お店の中は混んではいましたが、すぐに席に着くことができ、チキンカレーPhoto_26とラッシーを注文。その後運ばれてきたナンの大きさにビックリ!!!一同唖然?お味のほうはとっても美味しいーーーーッ★

おなかを満たしたあとは、またまたヒルズに戻り今度はダ・ヴィンチ・コード展内覧。

こちらも堪能しつつ、今度はデザートを食べにいざCOLD STONE CREAMERY

冷やした石板のうえで、アイス、フルーツ、ナッツをミックPhoto_27スしてくれる。時々作っている人達が歌を歌い始める。

雨が降り始めたので、ちょっぴり寒かったけど、とっても美味しかったぁ★

久しぶりにきた六本木ヒルズでとっても満喫できて最高!

じゅんさん、ありがとう

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月31日 (水)

ナイロビの蜂♪

今日は映画「ナイロビの蜂」を観にいってきました。

ネットの書き込みを見ると、とっても好評だったので、ぜひ観たいと思っていたのですが・・・

うぅ~ん、感動というものはあまりなかったが、映画の中に出てくるまさしく「母なる大地、アフリカ」の広大な風景、エネルギッシュな人々は強烈に目に焼きついた。

でも闇の部分、エイズ、貧困、人体実験など、とても残酷すぎる現実があるということを思い知らされた。

以前「パッション」という映画を観た時と同じようななんともいえない気分になる映画だった

| | コメント (0) | トラックバック (0)